エックスサーバーを使いWordPressでブログ運営して困ったことがない

WordPressを使うならエックスサーバー ブログ
スポンサーリンク

ブログを始める際に迷うのが、Amebaなどの無料ブログ・はなてブログなどの有料ブログ、そして自分でレンタルサーバーを契約してWordPressなどのCMSをインストールして運用する、この3パターンのどれかではないでしょうか。

最近はGoogleの検索アルゴリズムから評価を受けづらいということから検索順位を気にされる人ははてなブログからWordPressに移行する人も増えました。

これからレンタルサーバーを借りてブログを始めるなら断然おすすめなのが月額900円のエックスサーバー、なぜなら一度も困ったことないからです、とういうお話です。

スポンサーリンク

30万PVのWordPressでも快適動作

Xserver

エックスサーバー

WordPressはPHPという言語で作られていてユーザーがアクセスするとhtmlを生成して標示するためCPUの負荷がかかります。よってスペックの低いレンタルサーバーだと表示が遅くユーザーの離脱につながってしまいます。

重要なのがPV数が少なくても低スペックのレンタルサーバーだとWordPressの表示は遅いということです。私はこれが理由でさくらのレンタルサーバの激安のプランからエックスサーバーに変更しました。

WordPressを運用するためには515円/月〜のプランが必要ですし、サーバーのスペックも公開されていないので400円上乗せしてでもエックスサーバーを選んだ方が幸せになれる可能性が高いです。

共用サーバーながら月間30万PVを月額1000以下で問題なく運用できるのは驚異的と言えると思います。サーバースペックを公開しているのも自信の現れですね。

数百万PVのブログやメディアを運用している人はサーバー代に月数万から数十万かかっているので「…うち月1000円です(‘A`)」というのが若干申し訳ない気持ち。

WordPressを高速に表示するための目安

Wordpress

サービス内容でWordPressが高速で動くかどうかの目安をつけることができます。

それがPHPのバージョンが7で動くサーバーであることと、PHPがCGIモードで動いていないということ。最近はWordPressでブログを始める人が多いことから、速度をウリにするレンタルサーバーはほぼ確実にわかりやすいところに表記しています。

HTTPS(SSL)が無料

Googleがサイト評価の1つとしているhttps化。これからブログを始める人には必須の機能です。こちらもエックスワーバーなら設定画面からボタンをポチっと押すだけでサイトをhttps化することができます。

本ブログの登山と写真で仕事をしている人。もこの手順でhttps化して運用しています。

容量が豊富

容量が豊富

ブログを始めるときに注意するスペックがアップロードできるファイルの容量とデータベースであるMySQLの数。WordPressは基本的に1つのブログに対してMySQLを1つします。

つまり20個つかえれば20のブログを立ち上げることができます。

現在エックスサーバーの容量はアップロードが200GB、MySQLが50個。普通にブログを運用する分には容量に困ることはありません。

サポートが充実

エックスサーバーは共用サーバー。1つのサーバーを契約者数人で使う仕様になっています。ここで懸念されるのが同じサーバーの人が負荷をかけることによるスピードの低下。

共用レンタルサーバーにはこのあたりハズレがあるのがネックです。しかしエックスサーバーは速度が遅いと感じた場合は申請をすれば別のサーバーに引っ越しすることができます。私はそういうケースに出会ったことはありませんが、万が一のとき手軽にサーバー移行できるというのは運用する身としては安心できます。

サービス内容が高頻度で更新される

私がエックスサーバーを使用し続けている理由がここ。料金は据え置きでどんどんアップロード容量もMySQLの使用できる数も増えてき行きます。最近になってサーバーのスペックが刷新された際も料金は変わらずに新サーバーに移行することができました。ストレージもSSDになりましたしバックアップ環境も堅牢になりました。

「そろそろスペックがキツくなってきたな」と思う頃にいつもスペックアップのアナウンスがされます。そんな感じでもう4年ほどずっとエックスサーバーを使用し続けています。

1つのブログだけを運用するのであればクラウドサーバー



WordPressのブログが流行っているせいか、多くのレンタルサーバーがWordPress専用といえるようなサービスwpXクラウドを開始しています。

月額500円で容量10GBですがブログに人気でて表示速度が遅くなった場合に簡単にプランを切り替えてスペックを上げることができます。性能は明らかにこちらの方が上でブログを1つのみを運用するならこちらの方が幸せになれます。

しかし別のブログを作ろうとしたらまた新規契約で月額500円〜がかかるので計画的に運用しなければならないデメリットもあります。

一番確実な使い方はエックスサーバーで運用しているブログのPVが多くなり表示速度が遅くなってきたタイミングでwpXクラウドに切り替える方法です。ただエックスサーバーで30万PV出てますけど速度に不満ないんですよね…

レンタルサーバーを考えるのがめんどくさいからエックスサーバー

どうしてエックスサーバーをずっと使い続けているのかというと、運用がめんどくさいないから。探せばもっとスペックのいいサーバーもありますし、クラウド型のサーバーを使った方がいいのは分かっています。でも別にエックスサーバーで全く困ってない( ・ㅂ・)و ̑̑

ついでにいうと数年間の運用経験から、ユーザーがスペックに不満を持ち始めたタイミングで必ずスペックアップします。今までも、そしてこれからも(多分)。

専門的なことはわからない、とりあえずWordPressを運用したい、今使ってるサーバーの速度が遅くて困っているという人はエックスサーバーを使えばほとんど解決できるのではないかと思うくらい。

とりあえず月間30万PV程度のWordPressの運用なら快適に運用できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ
スポンサーリンク
山写をフォローする
山写ログ

コメント