やっててよかったTwitter!フリーランスが運用すべき8つの理由

フリーランスがTwitterを運用すべき理由 仕事
スポンサーリンク

好きなことを仕事にする。もっとフリーランスとして仕事が欲しい。そういう人はまずTwitterを始めることをオススメします。私自身最初はSNS運用ねぇ…と懐疑的でしたが運用してびっくり。その効果とんでもねぇ…

組織の中ではなく、個人の力で仕事をしたいと思っている人はまずTwitter。そんなお話です。

スポンサーリンク

文章力が身につく

文章力が身につく

Peingという質問箱の回答をするとき、文字数制限があるため考えをまとめて発信しなくてはなりません。さらに不要な修飾語や言い回しも使えません。

普段どれだけ冗長な文章を書いているのかが分かる上、最短で考えを人に伝える文章がかけるようになります。

自分の考えを発信することができる

自分の考えを発信できる

自分の考えがあっているのか、考えてる施策やサービスの需要、成功率はどのくらいありそうかなど、つぶやくだけで反応がもらえます。もちろん採用していい精度かどうかは別ですが、新しい着想を得ることができるためメリットしかありません。

ユーザーの利益になるつぶやきを繰り返すことでフォロワーも増えリーチできる人の数が増えていきます。

自分の考えを文章にすることに慣れていない人がたくさんいます。例えばブログをやりたいけど何を書いていいかわからないというのは典型ですね。

長文の記事を書くのは確かに最初は難しい。けど120文字なら頑張れる。そんな人はたくさんいそうです。

アウトプットの練習としてTwitterは優秀です。

その道のプロとコミュニケーションが取れる

プロとコミュニケーションが取れる

気軽にプロに質問できて答えまでもらえちゃう。しゅごい。

Twitterを運用しているプロカメラマンさんなどは自身のプロモーションツールとして運用してる方も多いので返信もらえる可能性高いです。

私も登山と写真の悩みを解決してナイスネイチャー(山岳写真)しようぜ!という活動をするために日本に帰ってきたので質問バッチコイなスタンスです。でも人生相談とかはしんどいのであんまりしないでね。

情報収集の精度が高くなる

自分と似たような仕事をしている人、興味のある人をフォローするだけで面白い情報が自動で取得できます。サイコーかよ。

Instagramは「美味しそう」「楽しそう」といったぱっと見で判断するようなものの情報収集には向いていますが仕事につながるものの情報収集はTwitterの方が精度が高いように思います。

人脈が広がる

人脈が広がる

日本に帰ってきてぼっちフォトグラファーを続けていたのですが、ふとしたことからTwitterでプロカメラマンさんとつながる機会があって、あれよあれよと色々な業界の方やカメラメーカーさんとつながりました。

ですので今行っている写真業界系のお仕事は全部Twitterから。Pakutasoと一緒にお仕事しているのもTwitterから。最近もTwitter経由で面白い施策提案してくださる方がいて、タイミングが会えば一緒にお仕事してみたいなーと思っています( ・ㅂ・)و ̑̑

ぱくたそ-フリー素材・無料写真ダウンロード
ぱくたそは、「使って楽しい!見て楽しい」をキャッチコピーに17725枚のフリー素材を無料で配布しています。会員登録なしでダウンロード可能、高品質/高解像度の写真です。

他にも現役のデザイナーさん、編集者、PC関係者さんをはじめ、私がUXをデザイナーとして時々常駐する企業さんの中の人もいましたʅ(´◔౪◔)ʃ

どこで、どのようにつながるのかがわからないのがTwitterの面白さ。

ブログへの流入が期待できる

ブログメディアを運用している人はほとんどの人はやっている連携ですね。

話題性のある記事を書くといいねとリツートの祭りが始まりバズに発展することがあります。ただ過激なネタばかりだと「この人とお仕事しても大丈夫なのかな…」という印象を持たれるので用法用量を守り正しく運用してください。

お仕事がもらえる

自分がプロ(専業)であり、こういうことをやっていますよー。という情報を発信しているとお仕事の話が来るのはホント。これはカメラマンでもデザイナーでエンジニアさんでもある話です。

例えば私の場合はブログをやっているフォトグラファーなので、写真関係のPRをしたい企業さんからのレビュー依頼や、撮影案件などの話は時々いただきます。

新しい施策の初速を作りやすい

初速が作れる

Twitterでのつぶやきが多くの方に見られるようになると、新しく立ち上げたWEBメディアや製作した商品のプロモーションをすることができます。

今週から運用スタートしたこのブログ「山写ログ」も本サイトの「登山と写真で仕事をしている人。」とTwitterの拡散でいきなりバズったりしてちょっとお祭りになりました(‘A`)

運用開始2日目から6000PV超えるのかよ…。

フリーランスを目指す人はTwitterをやろう

登山と写真の業界に身を置く立場になってわかったことが業界の人はSNS監視しているということ。

相応な影響力があるならお声がかかります。最近流行りのインフルエンサーマーケティングというやつですね。「好きな趣味を仕事にしたい」という考えなら上手く立ち回らないと企業に食いつぶされるので判断は慎重に。

しかしフリーランスが情報発信を行い、仕事を獲得する・人脈を広げるツールとしては非常に優秀。仕事と割り切れば運用もそれほどリソースを割く必要もありませんしね。

日本では匿名で活動している私ですらお仕事のお誘いをいただくことがあるので、本名で運用したらかなりの確率でお仕事に発展していくのではないかなと思います。

すごいねTwitter。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
仕事
スポンサーリンク
山写をフォローする
山写ログ

コメント