気軽にコーヒーが作れるネスカフェバリスタ50はデスクワーク最高のパートナー

仕事
スポンサーリンク

いきなりですがコーヒージャンキーの私です.家にいる時は朝起きてコーヒー、仕事しながらコーヒー、休憩にコーヒー…。おそらくは1Lくらいは飲んでいます。

そんなコーヒーに包まれたカフェインワールドの住人の私ですが、毎回ドリップのコーヒーを飲むということはありません。飲みすぎると胃が痛くなるし準備も若干大変えです。そんな時はネスカフェバリスタを使いボタン1つでコーヒーを作ります。お湯を沸かすことなくボタン1つで気軽にコーヒーが楽しめるマシン、それがネスカフェバリスタなのです。

特に仕事中などは集中力を切らしたくないけれどコーヒーを飲んでブーストをかけたい、そんなときに重宝しています。あまりに素晴らしい製品なので買い増ししました。

スポンサーリンク

2台目のバリスタ

ネスカフェバリスタ

今まで使っていたのが右側の旧型バリスタ、今回購入したのが左側の新型であるネスカフェバリスタ50です。大きさもコンパクトになり軽量化されています。そしてなによりBluetooth接続でスマホアプリからコーヒーが作れるのが魅力。

旧型バリスタのブラックコーヒーでは大まかに2つしか選択肢がなかったのに対し、お湯の量・粉の量を微調整して好みのコーヒーをつくることができるのです。

それでは新型のバリスタ50(フィフティ)のレビューを開始する!

外観

バリスタの外箱

箱に大きくBluetoothでコーヒーが作るシーンが入っていることから、それが一押しなのが一目瞭然。

2年保証

それほど高価なものでもないのですが、2年保証というて手厚いサポートです。ちなみに旧型は2年以上使っていますが壊れたことがないので商品自体かなり丈夫です。

ネスカフェバリスタ50

旧型にくらべて一回り小型になり丸みを帯びたフォルムになっています。

給水タンク

給水タンクもスッキリしたデザイン。旧型は外側に引くことで取り外せましたが、バリスタ50は上に引き抜くタイプに変更されたことで水漏れが起きにくい仕様になっています。

給水タンクの蓋

さらに上部にキャップがついており水漏れが起こさないようなっています。旧型の不満点が見事に解消されています。

使いやすくなったボタン

バリスタ50のボタン

以前のゴムのチープなボタンからカチッと押し心地のよいボタンに変更されました。

ボタンの発光

電源をいれるとボタンが明るく発光するので、この点に関しても旧型からだいぶ使いやすくなっています。

コーヒー粉の収容タンク

コーヒー粉の収容タンク

バリスタ専用のインスタントコーヒーを使う

バリスタに使うネスカフェゴールドブレンド

バリスタで使用するコーヒー粉はネスカフェゴールドブレンド。中身は一般のものと変わりませんが、コーヒータンクに粉を流し込むためのパッケージが売っているのでそちらを使用します。

コーヒーをタンクに入れる

コーヒータンクに上からぐさっと突き刺すような感じにすると粉が自動的にタンクに流れ込みます。専用のものを使うと粉がこぼれることがなく簡単に作業を行うことができます。

これで準備は完了では早速コーヒーを作ろう!

スマホアプリをインストール

ネスカフェアプリ

せっかくBluetooth対応のバリスタ50を使うのだからスマホからスマートにコーヒーを作りたい。バリスタ50をコントロールするアプリ「ネスカフェアプリ」をAppStoreからインストール。

バリスタ50の検索

ネスカフェアプリを立ち上げるとアプリ内でバリスタを探し始めます。スマホのBluetooth設定を操作する必要はありません。

バリスタとBluetooth接続する

あっという間に接続完了。これでスマホからバリスタでコーヒーを淹れることができるようになりました。楽ちん。

ネスカフェアプリでコーヒーを淹れる

はじめてのコーヒー

アプリを立ち上げるとナビゲーションのポップアップが表示され使い方を説明してくれます。

コーヒーの種類の選択

入れるコーヒーの種類を選択できます。私はコーヒーはブラックしか飲まないので「ブラック」を選択。

コーヒーの設定

ここがネスカフェアプリのすごいところ。コーヒー豆の量と水の量を細かく設定できます。濃いめ少量が好きなので豆の量は2g、水の量は100mlの設定をすることが多いです。気分によって味を変えることができるのが新型のバリスタ50。

バリスタでコーヒーを入れる

あとは自動でバリスタからコーヒーが抽出されます。カップを置いておけばデスクワークしながらアプリでコーヒーを淹れることができます。サイコーだ。

バリスタは本体の電源ボタンを押さないでもBluetoothを受け付けるようになっており、アプリからコーヒーを淹れるボタンを押すとランプが自動で点灯し水を温めて自動でコーヒーを淹れてくれます。

デスクワークの多いフリーランスにはおすすめしたいネスカフェバリスタ50

バリスタで淹れたコーヒー

コーヒーがないと仕事ができない私にはなくてはならないネスカフェバリスタ。これが5000円ちょっとで手に入るのはコストパフォーマンスが良すぎます。よって初代がまだ動いているけれども2代目を購入しました。

集中する時にも休憩をいれるときにも重宝し、なによりお湯を沸かしてからコーヒーを作るという手間がないため時間を効率よく使うことができます。

ちょっとした来客にも対応できますので、コーヒーをよく飲む家庭や自営業の人はとってもおすすめできる生活家電です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
仕事
スポンサーリンク
山写をフォローする
山写ログ

コメント