iPhone Xを使ってランニングするためにCRONAのアームバンドをつけたらとても快適になった

iPhone
スポンサーリンク

健康管理をするためにランニングを始める人はたくさんいますね。しかし長続きしないかも…という予感は薄々感じている人が多いのではないでしょうか。

いかに楽しく健康維持のためのトレーニング環境を作るのかはとても大事なことです。簡単にできるのがスマートフォンを携行して音楽を聞きながらトレーニングをすること。ジムのウェイトトレーニングでも、街のランナーでも多く見かけますね。

とはいえポケットにスマートフォンを入れっぱなしだとランニング時に揺れてしまって集中力がなくなってしまいます。そこで定番なのがアームバンドで固定する方法。

今回iPhone X用に新しく買い替えた1000円の安価なアームバンドが思いの他使いやすかったのでレビューします。

スポンサーリンク

わりとしっかりした化粧箱に入ってる

iPhone X用のアームバンド

安価なものだったのでビニール袋に入って来るのかなと思ったら思いの外ちゃんとした化粧箱でびっくり。これはアタリの予感…

シンプルながら機能は十分

CRONAランニングアームバンド

iPhoneX対応のアームバンドということでそなりに大きいポケットです。ところどころがメッシュ地になっており腕を締め付けることによって出る蒸れを逃がす構造になっています。

裏にはカードケース

裏にはカードの収納スペースがあるため、Suicaなどを入れておけば途中で水分補給できます。非常事態に備えられるありがたい機能です。

鍵の収納スペース

ランニング時に自宅の鍵の携行は思いの外めんどくさいです。ジャージのポケットに入れて走ると気づかぬうちに落としてしまうこともああります。ピッタリと収納できるここのスペースを活用することで紛失リスクを避けられます。

iPhoneを入れやすい構造

iPhone Xの収納

個人的にここがこのアームバンドでの一押しポイント。マジックテープ固定式で簡単にiPhoneをケースに入れられます。ランニング前や後にいちいちアームバンドへの取り外しでイライラすることがありません。

しかもケースが付いているiPhoneを収納可能。

山にもっていくこともり、iPhoneXはAnker KARAPAX GlassGuardの強化ガラス液晶保護フィルムと
Spigenの米軍MIL規格取得のケースを使っています。

ケースで分厚くなっているiPhone Xをそのままアームバンドに収納できるのは嬉しい発見。

タッチやFaceIDに支障なし

操作しやすいアームバンド

操作も普段と遜色なく操作はサクサク行えます。ランニング中の通知確認などに視認性に問題はありません。

防水性に関しても小雨程度なら防げる仕様ですが、iPhone Xは生活防水機能があるので特に気にしていません。

トレーニングを楽しくするために1つあってもいいランニング用アームバンド

運動が習慣化しないうちはいかに環境を整えるかが大事。スマートフォンのランニング用アームバンドがあれば「ちょっと散歩がてら身体を動かしてこようかな?」と思えるきっかけになるかもしれません。

それでいてしっかりとしたランニングにも対応できる仕様です。最近はこのCRONAのアームバンドを使って早朝のランを楽しんでいます。

これが1000円ちょっとの価格で手に入るというのはコストパフォーマンス抜群なのでスマートフォンを持っていてエクササイズしようかと思っている人は1つ持っておくことをおすすめできます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
iPhoneトレーニング
スポンサーリンク
山写をフォローする
山写ログ

コメント